FC2ブログ
2008.09.30 身近な植物
わたくしの好きな秋の花、彼岸花。
higanbana.jpg

長崎に行った時に、田んぼのあぜ道に群生する彼岸花が、まるで赤いじゅうたんのようで、母と二人で「涅槃だ…」と畏れ慄いておりました。とても美しかった。
まさに、彼岸の…あの世の花です。
もうそろそろシーズンが終わりそうで残念。

ローソンで買った、リラックマのハーブ缶。
herb.jpg

左がミントで、右がバジルです。窓際ですくすく育っています。
きちんと育てば、ミントはお茶に、バジルはスパゲティに使うつもりです。
奥にいる白狐は京都の伏見稲荷で買ったお土産です。
白狐大好き。
スポンサーサイト



寒っ!何これ…寒っ!
金曜日に「急に冷え込んできました」なんて書いておりましたが、昨日の朝、目が覚めて布団から出た途端に身が縮むような寒さ!熱が逃げてゆく足先!
完っ璧に秋じゃんこれ!!

タンスから綿入れを引っ張り出しましたよ…。

なので今の部屋着はこんな感じ↓
08Sep28.png
寒くなるにつれ、装備が厚くなってゆきます。

綿入れ、大好きです!
着物は気合入れないと着にくいものがありますが、綿入れは羽織るだけで「和」が楽しめるものなので、色々な柄で沢山欲しいぐらいです。収納に困るので実行はできませんがw

そうだ、普段着も秋物を準備しなくちゃなぁ…。
季節の変わり目、体に気をつけましょう。
なんだか急に空気が冷えてきましたね!
カエデです、こんばんは。

ひと雨ごとに寒くなる、でしょうか。最近は朝晩はめっきり冷え込みます。
深夜に寒くて目が覚めてしまうほどなので、布団を一枚増やしました。
長崎はまだ暑くてタオルケット一枚で寝れたのになぁ…。

今日は少し残業をして、日が落ちてから外に出ました。
風がとても強く、冷たい空気をかき回して木々の葉を鳴らす音を聞くと、なんだか嬉しくてにやついてしまいました。とても怪しい奴です。

私は風の強い日が大好きです。なんだかわくわくします。(台風は困りますが)
とくに月の綺麗な夜に大風が吹くと、魂ごと体が洗われるような気がして気持ちよいです。
08Sep26.jpg

あー、寒ざらし食べたくなってきたー。
2008.09.24 ただいま!!
連休4日間毎日温泉に入っていたらすっかり体調がよくなりました。
ただいま&こんばんは、カエデです。
湯治って本当に効果あるんですね!
今回は長崎を拠点に、九州の温泉を楽しんでまいりました。

熊本のSAで食べた熊本ラーメン。
Kramen.jpg
食いかけでスマンす…。

えびの高原で見た野生?の鹿。人を見てもびびってなかった。
shika.jpg
この日は鹿児島県の霧島で一泊。温泉温泉~♪

日にち変わって。
雲仙の地獄巡り。硫黄の臭いがすごいすごい。
unzen.jpg

地獄にたたずむ首の無い地蔵。彼岸花が傍に咲いてるもんだから、これまた雰囲気が…。
jizou.jpg

お昼は雲仙そうめんと海鮮丼。いつも食い始めたところで写真を撮ってない事に気がつく。
somen.jpg
平日だったせいでしょうか?雲仙、お客さん全然居なかった…地球のみんな!雲仙に力を分けてくれ!
お風呂、気持ち良かったぜ!

雲仙・普賢岳の噴火によって生まれた平成新山を巡って~。
heisei_shinzan.jpg

島原城へ!
shimabarajo.jpg
キリシタンに関する展示があるところが、さすが島原城…。

そしてこの旅の最大の目的!じゃじゃーん!寒ざらし!!
kanzarashi.jpg
今回長崎に来たのは、これを食べたかったから!と言っても過言ではない!
島原名物・寒ざらしは、寒ざらし粉で作った白玉団子を、島原の名水で作った美味しい蜜にひたして食べる、甘く涼しい和菓子です。
武家屋敷側の売店で食べましたが、本当に、もう…美味しかった…大満足。

その後、武家屋敷を見て回り、鯉の住む町を歩き、しまばら水屋敷で美味しいコーヒーを頂いて、帰りました。
次の日は佐賀県の嬉野温泉でのんびり。
はー、最高だった。心身ともに洗われた~。

飛行機使ってゴージャスな旅でしたので、暫くは清貧に暮らしたいと思います。
正月まで贅沢はできんな…。
2008.09.19 藍色な人
らくがきとくべー。
08Sep19.png
髪の色といい着物といい、徳兵衛は藍色が身に着いています。
まぁ藍染の衣類は蛇や虫を寄せ付けないっていうし、理にかなってるね!(何が)

明日から4連休!(有休はさんで)
ちょっくら旅行に行ってまいります。
飛行機乗るの1年以上久しぶりー。
昨日は十五夜だったてぇのに、月見団子を食べるのを忘れた私は「お前なんか日本人じゃない!」ってさげずまれても文句は言えない!言えないわっ!(ダッ!)←泣いて走り去る
08Sep15.png
十五夜にススキを飾るのは、その切り口が鋭いので魔よけになると考えられていたから。
月見団子を食べるのは、団子を神様にお供えして、その神通力を分けてもらうため、だそうです。
お餅は神様の力が宿るものであって縁起が良い物で、お年玉なんかも元はお餅だったそうです。

私はこういう発想・伝統、すごく好きです。
なんだか和みます。(*´ω`)
月見団子も美味しいしねっ!
どっかの予言者が9月13日早朝に愛知県で震度9の地震が起きるって言ってましたけれども、何事も無く14日になりました。こんにちは、カエデです。
元々占いは信じない性質ですが、こんなこと言われるとさすがに気分悪いです。震度9って愛知県民全滅じゃん。
しかもこの予言者、20年後に日本が沈没とか、30年後に人類が滅亡とか言っているらしいです。勘弁してくれ。なんでも夢でお告げを得る?そうですが、夢ってあんたそれ単に自分の願望じゃね?と思います。だってこの人の予言、悪い事が起きるのは日本とかアメリカとか他国ばっかりで、自分の国の事は何も言わないんですって。予言できるんなら、まず自分の近辺の心配をしてくれ。

ノストラダムスといいこの人といい、予言って人心を惑わせますねー。日本人がそういった神秘的なものに弱いだけかもしれないけど…。なんせ自然を敬ってきた文化だからね。また「地震」ってのが土地柄ありうる事だから、心配になっちゃうんだよね。

なんて事を今日美容室の兄ちゃんと喋っていたのですが、兄ちゃん曰く、東京で地震が起こるという予言は、予定日の2日後に当たったから、まだ油断しない方がいい、との事です。

勘弁してくれ。
原稿あがりましたーーー!!
やったーーー!!
これで心置きなく外に遊びに行ける!!

「原稿終わってから日記書こう」と思ってすごしていたら、もう1週間以上たっちゃったのね…なんという遅筆…。

しかーし!ターンAガンダム全部見ました!
「ちょっと待て原稿やってたんじゃないのか」というツッコミはまぁ置いといて…ターンAガンダム見終わりました!最後の方はなんだか話を急いで畳んだような気もしましたが、キャラクター達の個性があふれていてずっと面白かったです。特に印象に残った所をピックアップ。

→27話
恐い恐い恐い 核恐い。
まさかの核兵器登場。黒歴史の負の遺産。作中では「メガ粒子砲」などの未来兵器が出てきますが、結局は絵空事なので「何やらすごい兵器なんだろうな」とは思うんですが、核兵器となるとリアルな恐ろしさが襲ってきて、数話後にこの爆弾が処分されるまではずっとひやひやしながら見ていました。
そんでまた何が恐いって、ムーンレイスは核の恐ろしさを知っているから大騒ぎなのですが、地球人は全く知らないからそれを(モビルスーツで)掴んだり持って走ったり戦ったり。すげぇ肝が冷えた。アニメなのに。
そして、ギャバンさん…戦場でプロポーズしたギャバンさん…やっぱり…(涙)。

→上司にそそのかされるポゥさん
女性兵士のポゥさん、あまりにも真面目すぎてなおかつ素直な所が好きです。でも彼女の欠点は自分で判断ができないとこなんだな。必ず誰か崇める対象がいないといけない。なので、遠くのディアナ様より、近くの直属の上司(名前忘れた)に心酔して、ディアナ様を裏切ってしまった。最後はまたディアナ・カウンターに復帰できたわけなので結果オーライだけどね。

→レッド隊の二人
始めはなんか変な人達だなーと思ってたけど、彼らもまた純粋にディアナ様を尊敬して、そのためには命を堵してでも戦える愛すべき人達でした。最後はてっきり、宇宙で壊れたモビルスーツに乗ったまま、地球の重力に引かれて地球に帰ったんだと思っていましたが、それ以降の出番が無かった所を見ると…まさか…そのまま宇宙遊泳の旅…?でもそんな状況でも、あの二人なら楽しくやっていけるんだろうなぁ。

→アデスカの王と側近の女の子
アデスカの辺りの話は最初「なんかたるいなー。この行必要なの?」と思っていましたが、王の最後で泣かされました(涙)。

→48話
グエン卿に対してある疑惑が浮上する。

→49話
ロランが友達のフランに対して、敬語で話してるのが変だった。それまでタメ口だったのに。シナリオのミス?

→50話(最終回)
グエン「今の私にできるのは、愛するローラ(ロラン)の勝利を祈る事だけです」
グエン卿、ついにカミングアウト。この人ロランの事愛しちゃってました。
でもこの人の場合、「男が好き」というよりも「ロランが好き」って感じがします。ローラと呼び続けていたのも、ロランが女の子だったらもっと話は簡単だったのになー、という残念さが現れているような。しかしその後のグエンとリリの会話が秀逸。

リリ「ロランは男の子です。そんなに彼が好きなら、ご自分がスカートをはけば?」
グエン「スカートをはいて産業革命ができる世の中ではないのですよ」

グエン、飛行船で逃げる。彼にむかってリリは

リリ「ごきげんよう。アメリアは私がスカートのままで治めますわ」と手をふる。
リリ様かっこよい…!
始めはただの意地悪キャラポジションかと思わせておいて、月では敵方の大将と対等に渡り合う政治的手腕を見せ、地球に戻っては軍隊の指揮を取り、最後は宣言通り一国の政治を担うようになる…何このできる女!いいとこ全部かっさらって行っちゃったんですけど!

と言うか、ターンAの女性陣は全員かっこいいですね。何らかの強い思いがあって、そのために進んで行動できて。

→そして驚きのラスト
えーと、アレは…ディアナは地球に残り、余生を終える事に。ロランは彼女の使用人として傍に。つまり月に戻ったディアナは本当はキエル…って事でいいんでしょうか。
ディアナの左薬指に光るリングが意味深ですが、あれは「地球に嫁いだ」という意味だと自分は解釈しています。
寂しいのは一人残されたソシエです。大好きな姉もロランも手の届かない所へ行ってしまったんですから。この「頑張った人全てが望みどおりの幸せを手に入れられるわけではない」というラストが平和なのに切なくてとても心に残ります…。

寂しくも美しいラストでした!
ターンAガンダム、見て良かったです!!