FC2ブログ
2011.01.29 雪合戦(8)
そういえば司馬遼太郎の「関が原」を読み終わったのですよ。
面白い本を読み終わった後は寂しいですね…次のを探さなくては。

雪は降る降る。雪合戦!

雪合戦08

くまもと登場!
続く!

本編はいい所まで描いてからどかんと出しますのでもう暫くお待ちを…。
スポンサーサイト



2011.01.27 雪合戦(7)
「空から日本を見てみよう」の瀬戸内海編と沖縄編を買う事にするか…あんな綺麗な映像を見せられたら…抗えないだろ…!
もちろん長崎編も出たら買うばい。
もうそろそろ旅心が暴れはじめています。
昨日見た「いい旅・夢気分」の山形が美しかったからだ!私は寒がりだけど、樹氷を見に行きたいぞ!

寒さは続く!雪合戦も続く!

雪合戦07

くまもと「続くばい!」
2011.01.25 雪合戦(6)
コメントありがとうございます!

>さが・・・恐ろしい子・・・・・・!

110125.jpg

仕事しすぎて疲れてんのに何やってんだ私。むしろ仕事しすぎたから逃避したいのか。
わたくしの趣味があなたを楽しませることができて嬉しいです…!

>雪合戦漫画5より。さがさんの鎖骨が好きですv・・・ってよく見たら、雪合戦するのにさがさん、その格好寒くないんですか?
さがのチラリズムクィーンっぷりに気が付いてしまいましたね…隠れセクシーキャラです。
皆は大地の精霊なので、ある程度の暑さ寒さは大丈夫!です!


どうなる雪合戦!

雪合戦06

続きます。
2011.01.24 民謡が好き
部屋が寒くて手がかじかんで…絵が描けん…。ぶるぶる。

一つの歌が頭の中を巡って止まらないことってありますよね。
私は今日「鹿児島おはら節」が頭から離れなくて無限再生されていました。よいよいよいやさっと。

民謡って昔のお座敷遊びで生まれた歌が多くって、時代を経て歌詞を足されたりしながら変化してきたそうです。だから「これが正調」って決めるのは難しいんじゃないかな、と思います。
事実、私が知っている鹿児島おはら節とネット検索で出てくる鹿児島おはら節は全く歌詞が違ったりする。
私のiPodに入ってるのは三橋美智也さんという歌手が歌っているもので、一番の「♪花は霧島…」は同じなんだけれど、二番以降は微妙に違ったり全く違ったり。特に「♪さつま西郷どんは 世界の偉人…」という歌詞は無いです。それどころか「♪佐賀は今頃…」と歌っているように聞こえる部分があったりして、どういう事かと歌詞カードを引っ張りだして調べてみれば、実際は「♪様は今頃…」だったりの空耳アワー。
でも、三橋さんのおはら節はとにかく「鹿児島の女の子は可愛いよ!」と主張していて私は好きです(笑)。

んで、ネット検索で出てきた歌詞の中に、「♪雨の降らんのに 草牟田(そむた)川濁る…」というのがありまして、草牟田ってどこかなー、なんて思って調べてみる。

あったよ草牟田。
110124_01.jpg

じゃあ草牟田川はここを流れる川かな。これかな。
110124_02.jpg

…って思ったんだけど、実際は甲突川という名前。しかし、おはら節に出てくる草牟田川はこの川のことだそうです。
この川に沿って北の方へ行くと、同じくおはら節に出てくる「伊敷原良(いしきはらら)」があり、南へ行くと私の好きな加治屋町と鶴丸城跡、まぁ要するに鹿児島市の中心部へと向かうわけです。
原良って書いて「はらら」ってなんか可愛いよね。

しかし草牟田、民謡の舞台になっているだけではありません。
私はもの凄い物を発見してしまいました。

110124_03.jpg

ムスカ「ラピュタは滅びぬよ!何度でも蘇る!次は鹿児島で!」

シータ超逃げて!
二つまとめてアップ。

雪合戦04

雪合戦05

白熱してるなー。

続きます。
2011.01.20 雪合戦(3)
大切な事を言い忘れてました!

風邪をひいている時にお見舞いメッセージくださってありがとうございました!
あいちが怠け者で助けてくれないので、自己治癒力とお医者さんの技で治しました(笑)。

雪合戦03

ぎふ「とーかいは僕が守る!」

続きます。
2011.01.18 雪合戦(2)
月曜日の雪は本当に凄かった!渋滞で仕事に遅刻したよ!雪に耐性のある街づくりじゃないんですよね~…。
名古屋は10cm積もるだけでニュースになります。一方岐阜の白川郷では182cmを記録しました。ぎふの身長より高いよ!

雪合戦02

やまぐち「反則じゃねぇのかな…」
続きます。
2011.01.16 雪合戦(1)
日本列島寒い寒い今日、愛知でも朝から雪が降っています。細かな綿雪でまとめて固めると良い雪球ができます。

というわけで雪合戦をさせてみることにしました。

雪合戦01

続きます。

本編の続きがもう少しかかりそうなので、暫くの間おまけ漫画を上げます。
このお正月は酷い寒波ではありましたが、一応天気の良い日もありましたので、そんな日には外に行ったりしてたのですよ。

まずは相変わらず「九州の車窓から」。てれってって~♪
冬の佐賀
光降る場所、佐賀県。
肥前山口の辺りで、雲間から射す光が綺麗だったのでパチリ。たぶん光の先に稲の神様あたりが降りてきてます。

で、久しぶりにハウステンボスに行ったりしたんですよ。
テンボス1

冬のイルミネーションがやっていたのですよ。
ライトアップ前。
テンボス2

そしてライトアップ中。
テンボス3
照明が音楽にあわせて色を変えて、町を盛り上げます。

ハウステンボスのイメージにあったエレガントさ。
テンボス4

塔の隣に見えるこの立派なツリー。
テンボス5

これを下から眺めると…

テンボス6
まぁ!別世界!
このアングルで写真を撮ると、グラビア風に撮れます(笑)。

そしてLEDの海。
テンボス7

水辺にアレンジすることによって、水面に写った光で美しさ倍増です。
テンボス8

テンボスに行ったのは数年ぶりですが、懐かしいというか、風景に見覚えがある、と感じました。場所によっては日本に居るとは思えないぐらいなので、じっくり現実逃避するのに良い場所かと(笑)。

さて、時と場所は変わって、長崎市街地から遠く離れた外海(そとめ)町の風景。
山の奥にある小さな教会。
外海の教会

建物が明らかに西洋風。ヨーロッパの田舎にありそうな非常に可愛い作りになっています。歴史が古い教会で、内装は江戸や明治からそのまま持ってきたかのような作りになっていました。中に入ることができなくて残念!

そしてそのまた山の奥に、小さな家があります。
バスチャン遠景
うっそうとした林の奥にあるこの家…。

バスチャン屋敷
隠れキリシタンの宣教師の家です。
バスチャンという洗礼名の日本人宣教師が禁教の時代に隠れ住み、信者に教えを説いた家です。

バスチャン屋敷近景
屋敷と言ってはいますが、大きさは4畳ぐらい。入り口の両脇に小さなかまど、そして部屋の奥に十字架をかかげた小さな祭壇があります。

そう、外海は隠れキリシタン潜伏の地なのです。

学校の歴史で習いはしましたが、こうしてその証拠を見ると、迫害され山奥へ隠れ住んででも教えを捨てられなかった、すがりつきたかった、そういう気持ちにさせた時代というのはどんなものだったんだろう、どんな生活だったのだろう…と色々考えてしまいました。

外海の海。
外海の海
外海は遠藤周作の「沈黙」の舞台です。
この風景を見るとその世界観が伝わってきそうです。
何も言いはしないけども、神様はいるかもしれないなぁ、なんて。

初日の出は見てないけど、この風景で新年の禊はできたよ、あたしゃ…。
薬が結構効いてきたようで、喉の痛みが無くなってきました…!ありがとうドクター…!

で、治りかけたところでまた今日も急な仕事で残業残業。夜遅く帰って弁当をむさぼっていたら、テレビで「日本の城」特集が!しかも熊本城!熊本城かっけぇぇえ!!行ってみてぇぇえ!!テンション上がるぅう!しかも「綺麗な写真の撮り方講座」までやってくれてます。一定の角度で天主を撮ると、空の青さが映えるんだとか。
つまりこういうことか。
高知城1
過去に撮った高知城の写真。
冬の夕方近くだったのに、驚くほど青い空が撮れました。
まだ一度しか行ったことないのに、私は高知城が好きです。門をくぐり昔のままの古びた木の柱を見た瞬間、「やだ、あたし…この城、好きかも…」って直感したぐらいです。

話は戻って、私はまだ熊本城に行った事が無いのですよ。行ったことある人からは「あの城はすごくいいよ!」とよく言われますので、必ず行きたい城の一つではあるのですが…なかなか脚を運べません。どうせなら平日の人が少ない時に行きたいです。
熊本と言えば、方言で相手のことを「ぬしゃ」と言うそうですが(今でも使う人いるのかな~)、これは「お主」の「主」がなまったものです。また熊本に限らずとも九州では「~のようだ」を「~んごたる」と言います。「~のごとく」がなまったものです。場所をまた戻して高知では相手を「おんし」と言います(これもまぁ今時あまり使われないかも)。これも「お主」がなまったものですよね。
なんか方言って、武士言葉というか、昔の日本語が形を変えたものでもあるんだなぁと思います。
そしてまた熊本の方言について。語尾に「~ばい」とつける基本的な九州弁以外にも、甘いを「あみゃー」と言ったりと、名古屋弁みたいな音もあるそうです。これは熊本城の城主であった、加藤清正の影響かも…という噂があります。加藤清正は尾張の人なので、熊本に移った時に彼や彼の家臣団の言葉が浸透したのかも、とのこと。清正公は当地で人気があるそうなので、熊本弁が武士っぽい・名古屋弁っぽい理由だと言われれば、納得しちゃいそうですね。

とまぁ思ったことを色々書きましたが、ほとんどが推測だというのが残念です(笑)。私はまだ熊本城に行ったことも無いし、本格的な熊本弁も聞いたことがないので、上の文には信憑性が無いかもしれません。いきなり団子と熊本ラーメン、馬刺し、からしレンコンはクリアしたから、次はタイピーエンだな~(食欲の権化)。
タイトル通り、風邪が治りません…。体調不良は無いのですが、喉の痛みだけがずっと消えなくて辛いです。こんなに風邪が長引くのは初めてで、市販の薬が効かないと判断して病院に行ったら、薬を一気に6種類ぐらい処方されて面食らいました。調合薬が欲しかったのだが、まさかこんなに沢山とは…これだけでお腹が膨れるよ。
病気すると良いことなんて無いですなぁ。

そんな時に限って緊急の仕事が入っちゃったりして、ゲホゴホいいながら電話したり必要な物を手配したり。もちろん疲れましたが、でも苦労した分また何か別の耐性やノウハウが身に着いたような気がします。
忙しいのは良いことだ。

テレビで伊勢と金沢を特集した旅行番組を見て、また行きたくなりました。今年は初詣をまだしていないので、熱田さん(熱田神宮)に行こうかと思ってたのですが、思い切ってお伊勢さんもいいなぁ。鳥羽もまだ行ったこと無いので行ってみたい。そして金沢は数年前に一度行ったきりなので、再度行けばまた違う発見があるかもしれない。
オラなんだかわくわくしてきたぞ。今週末はお伊勢さんに行くか!

ヤフーニュースによると今週末も寒波・大雪注意だそうです。

…まぁ観光地は逃げないし、まだ風邪ひいてるし、家で漫画の続き頑張るか…。
2011.01.09 パロディ漫画
風邪ひいてるから仕方ないとはいえ、一日中家でじっとしてると逆にダルイなぁ…。風邪だから漫画喫茶に行くわけにもいかないし。
寒気と痛みはなくなりましたが、まだ喉が痛いです。というか、寝てる間に悪化するってなんなの。

「聖☆お兄さん」パロディで漫画を描きました。

110109_1.jpg
110109_2.jpg

正しくは「龍馬が愛した長崎」なんですが、言ったもん勝ちなところが似てるなぁと思って(笑)。
大河ドラマが終わったので今年からお客が減るかと思われますので、じっくり散策したいなら今からがチャンスかもしれませんよ!

今年の大河は舞台が滋賀県なので、今年は滋賀に旅行に行き辛いなぁ。ひこにゃんがまたもや大活躍かも。
でもいいんだ、今年第一の目標は横浜と鎌倉だから!頑張るぞ!
2011.01.07 謹賀新年
HP
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

本当はもっと前に冬休みは終わっていたのですが、新年の挨拶をするなら漫画の続きをひっさげてしたいなぁと思ったので、遅れて挨拶することになりました。
そう、

漫画の続きを更新しました!

ってことです。

冬休みは天気予報がどんぴしゃで、年末から正月にかけては吹雪が凄くて長崎は一時陸の孤島と化しました。
牡蠣は夏の暑さが原因で漁獲高が低く、なかなか手に入りませんでした。珍しいことです。

他にも色々書けることはあるのですが、風邪ひいてしまって体が痛いので今日はこの辺で。
七草粥食べて寝ます。皆さんも気をつけて…。