FC2ブログ
さぁいよいよ熊本城に乗り込むぞ!
熊本城チケット

頬当御門から入り、噂どおりに立派な石垣を見つつうろちょろしていたら、なんとお侍さんから「おはようさんじゃー!」と声をかけられました。こ、これは、名古屋でいうところのおもてなし隊だな!お侍さんはどこのお方ですか、と問えば、「賤ヶ岳七本槍」とのことでした。ということは、7人居るってことだな!7人全部見つければ、願いが叶うんだな!よーし、頑張るぞ!…と思ったんですが、この日は雨が降っていたせいか、2人しか見つけられませんでした。

というわけで、七本槍のお一人と熊本城正面!!
熊本城と侍
朝イチだからまだ空いてるぜ!

右側にある入り口から入城いたします。
熊本城入り口

熊本城は加藤清正が築いた城ですが、後に細川家の手に渡り、明治の西南戦争で燃え落ちてしまいました。今の天主は昭和に再建されたものです。中はやはり他のお城と同じく展示室になっており、ゆかりの品物や記録を見ることができます。
そしてこれが熊本県民の敬愛する加藤清正公です。
加藤清正
熊本城の始まりから現在までの流れを15分のビデオで知ることができるブースがあったのですが、その内容のほぼ8割は清正公のお話で占められており、清正公がどれほど立派な方だったのかを教わり、ビデオを見終わった頃には私も清正ファンとなっていました。熊本県民の愛情、恐るべし!

天守閣から宇土櫓を望む。
天守閣からの宇土櫓
天気は悪いけど、とにかく緑が綺麗で目に優しかったです。

日本の文化、顔だしパネル。
顔出しパネル
宮本武蔵ってなんの関係があるん?って思ってたら、細川家の剣客だったのかー。

熊本城は天守閣以外にも本丸御殿という見所があります。清正公の生活空間で、こちらも西南戦争で焼失しましたが、平成15年から修復を始めて今では観覧できるまでになったそうです。清正公の家なら、熊本県民がほっとくわけないわなー。

本丸御殿の大台所。
本丸御殿台所
でっけぇ囲炉裏と炊事場があり、高い天井は吹き抜けになっています。照明のチョイスが素敵。

大広間。
本丸御殿大広間

大広間を抜けた先にある、昭君の間。ここで殿様と謁見が出来たのですね。
召君の間入り口

昭君の間の内部はこんな感じ。
召君の間

…で、天井がとても綺麗なんだなこの部屋は!!
召君の間天井

昭君の間を抜けた先は、まだ再現中のお部屋がありました。これから当時と同じ襖絵などを作成して、蘇らせるようです。
名古屋城も当時の技術を使った本丸御殿の復元を進めています。実は私は「税金使ってまでするべきことかなー?」という疑問があったのですが、この熊本城の御殿を見て、「価値はあるかも」と考えを改めてしまいました。それだけ素晴らしいです、熊本城本丸御殿。

あとはもう、熊本城の代表格である美しい立派な石垣を見て回りました。
石垣
季節が良かったせいもあるのか、石垣を見て「いい!」と思う度にシャッターを切っていましたので、後でデータを整理してみるとなんか同じような風景が沢山あって、やっぱりセンスが無いというかなんというか。でも本当に熊本城の石垣は高くて形が良くて苔が生していて、抱きつきたくなるというか同化したくなるというか。こんなこと思いつく私はどうかしてるぜ。
苔と石垣
苔いいよねー。こけー。心が潤うー。
ちょっと「日本の石垣写真集」みたいなもんがないかアマゾンで検索しなくては。石垣最高だよ石垣。

ていうか、石垣に沿って歩いていたら、迷いました。自分がどこを歩いているのか解らなくなってしまった。私が足軽でこの城を攻めることになったら、間違いなく進路を見失って討たれている。熊本城は不落の城!

石垣に後ろ髪引かれつつ城を出ると、熊本大神宮がありました。
熊本大神宮
別段大きな社殿ではありませんが、「熊本の伊勢神宮」と呼ばれるとおり、天照大神と豊受大神、そして造化三神が祀られているとのことで、これはご挨拶をせざるをえない。豊受大神は食物の神様ですので、「普通にご飯が食べられる生活がおくれますように」とお願いしてきました。

そしてとなりにももう一つ神社が。熊本城稲荷神社。
熊本城稲荷神社
こちらでも「ご飯が(以下略)」とお願い。食べることしか考えてない。

そして熊本駅からまた新幹線さくらに乗り、長崎へ帰るのでした。
帰途
くまもんパンも一緒だよ。うまうま。木を基調にした新しいタイプの車両に乗るのは初めて。

今まで熊本は人吉とか阿蘇とか色々寄ってはいたのですが、熊本城は行ったことがなかったので、今回実行できて本当に良かったです。新幹線万歳です!毎度のことですが、「また行きたい」です!

余談ですが、先日コンビニに寄った際に、本のコーナーに「一個人」という雑誌の特別編集版で「戦国武将の城」というワンコイン本があり、大阪・熊本と寄ってきたばかりの私は迷わず買っていましました…。熊本城はもちろん、国宝4城と現存天守閣の10城がカラー写真で解説されていてやばいこれ買って大正解。よく見ると同じシリーズで「社殿を巡る」とか「茶の湯」とかあって、500円が何個あっても足りない状態。「一個人」「サライ」辺りの雑誌の特集はいいよねー!欲しい!

…でも、この旅行で貯金残ってないので、我慢するしかないですけどね…ふっ…。
スポンサーサイト



水曜19時から三重テレビでやっている「隠密奉行・朝比奈」が面白い。水戸黄門と同じで地方に出かけて行って問題を解決するタイプだけど、毎回江戸から目的地へ行ってまた江戸へ戻るのが凄い。先週は高知で今週は香川。四国ロケで撮り溜めしてたな?主役の北大路欣也もおじさまカッコイイ。やっぱ昔の時代劇はえぇのぅ。

と、話がずれましたが、ゴールデンウィークのお話の続きです。
新大阪駅から新幹線さくらに乗るよ!
さくらの電光掲示板
さくらは電光掲示板の文字もさくら色なのが凄くいとおしい。

さくらに乗るということは、行き先は…
くまもと
熊本!
以前から憧れていた熊本城を見に来たよ!馬刺しも食べるよ!

熊本駅の改札。
熊本駅改札
白くて可愛い。

さて、熊本と言えば、今日本中で顔の売れているビッグな有名人がいます。
それは…
くまもん日本一
くまもん!
くまもんは九州新幹線の開通に合わせて生まれたキャラクターですが、写真にもあるように去年のゆるキャラグランプリで優勝しました!そして一気に日本中を飛び回る有名熊に!私も実際に見るのは今回が初めてですが、やっぱり可愛いです…!

くまもんパン
くまもんパンまで売っています。美味しくてほっぺが落ちちゃってます。

立体くまもんがいたー!
くまもん
…でも、なぜかトイレの前…。たぶん、背景が白いスペースがここしか無かったのから…かな。

熊本駅外観です。
熊本駅
白を基調とした、意外とおとなしめなエレガントな駅です。

市電に乗って、熊本城へ行きます。
熊本の市電
熊本の市電は立派ですね~。写真の電車は新しいタイプの車両で、揺れが少なく快適に移動できました。もちろん古いのも現役で走っていまして、こちらはガタゴト揺れながら走る上に、ブレーキをかけると大きな音がキキーッと響きます。だがそれが良い!

しかしもう夕方だったので、この日はホテルに直行。レストランで馬刺しを食べて、明日に備えて寝ました。
そして次の日、朝一番で熊本城へ!雨降ってるけど気にしない!緑の濃い車道を通り、お城に向かって歩く途中、神社を見つけました。

加藤神社鳥居
その名も加藤神社。
なんと、熊本城を作った戦国武将・加藤清正を祀った神社です。
神社好きの私が見逃すわけが無い。

加藤神社の木
神社には大木がお約束です。癒し。

加藤神社
加藤神社本殿です。
お守り売り場には清正公をモチーフにしたお守りがしぶいのからカッコイイのまで沢山あり、選ぶのが大変でした。結局私が選んだのは、清正公と虎の逸話を元にした、黄色と黒のタイガースカラーデザインのお守りです(笑)。これはここしか無いだろうなーってことで。加藤神社のご利益は「必勝祈願」だそうです。さすがは天下の名武将、加藤清正公です。

神社からお城が見えます。
加藤神社からのお城
と言ってもこの写真に写っているのは宇土櫓というものでして、熊本城天守閣ではありません。天守閣はまだ先のお楽しみだよ。わくわく。

それにしても、熊本県民は加藤清正が好きなんだなぁと感じます。それもそのはず、立派なお城を建てただけではなく、インフラの整備、教育・産業の奨励など、熊本を立派な国へと育て上げた人なのですから。超万能じゃん!地元では「せいしょこ(清正公)さん」と呼ばれて慕われているそうです。
加藤神社のぼり
か・と・う!か・と・う!

清正人形?
せいしょこさん!せいしょこさん!

清正大好き
おい達はせいしょこさんが大好きばぁああい!!!
…気持ちは解るが、大河ドラマはやめたほうがいいと思うよ…(ぽつり)。

…とまぁ、のっけから清正公の御威光をびりびり感じつつ、次は熊本城へと足を運ぶのでした。
続く!
ちょっと間が空いてしまいましたけど、ゴールデンウィークのお話の続きです!
一日目は神戸を散策し、二日目は大阪城へ行ってきました!

地下鉄に乗って谷町4丁目駅で降り、大阪歴史博物館の横を抜ければすぐ大阪城です。まずは真っ先に目に入ったお堀の風景をパチリ。
大阪城の堀
これを見て一番最初に思ったことは、「大阪の陣ではこんな大きな堀を埋め立てたの!?」でした。
…だったんですが、今考えてみると、元の大阪城は徳川家康が埋め立ててしまったらしいから、このお堀は徳川時代のもの?だとすると、埋め立てた分豊臣時代のお堀の方が低いはずだから…。
うーむ、どっちにせよ、お堀を埋めるってのは物凄い労働を要することに違いはあるまい。名古屋城のお堀も深いもんなぁ。

お城の敷地内にはやはり豊臣関連のものがあります。まん前にあるのが豊国神社。
豊国神社鳥居前
豊臣秀吉の像があるのですが、時間的に逆光で表情が見えず…。

こうやって見ると広々としています。
豊国神社

ご利益はやっぱり…
豊国神社絵馬
出世開運です。農民から太閤への超時空シンデレラだもんなぁ。もちろんお仕事の安定をお祈りしてきました。

そしてモダンな建物まで。
大阪市立博物館
お城のすぐ横にある大阪市立博物館です。なかなか立派な建物で、思わず写真を撮らずにはいられない。

そしてついにメインの大阪城だっ!
大阪城
数年ぶりですね大阪城さん!以前は八重桜が満開の時に来ました!

真下から見ると凄い迫力。
大阪城近景
それにしても私が撮る写真はどうして歪んでいるんだろう。撮っている時は水平にまっすぐに撮れているつもりなのに、結果を見るとどこか正中線からずれている…。自分の性格が現れているんだろうか…(しょんぼり)。

ここで大阪城の全体図。
大阪城全体図
今回私はこの写真で見て左側の大手門から入りました。

城内は大阪夏の陣や豊臣秀吉の生涯などの展示がぎっちり。武将の書簡が沢山あるので、好きな人には宝の山でしょうなぁ~。私は古文が読めないので説明書きを流し読みですが、やっぱりこれだけのものを目にすることができるっていうのは貴重な経験だと思います。

展示を見ながら登り登って天守閣。大阪の町。
大阪の街
やっぱり高い所から見る風景はいいねー!

金のしゃちほこがしっかり乗っかっています。
大阪城天守閣
下に見える茶色の建物は先に述べた大阪市立博物館です。その奥に広がる公園の木々がもこもこしていて綺麗です。

そしてつつじの花も盛りで綺麗でした。
つつじ
愛知ではまだつぼみだったのに、やっぱり気温が違うのかなぁ。

それにしても大阪の町はビルが高さや方向・形などを考えずににょきにょき生えてるのが面白いです。梅田駅の駅ビルは近代的で綺麗で各フロアを見て回るだけでも楽しいです。ほんの一部を見ただけで語るのはおこがましいですが、全体的に活気を感じます。整然として静かな神戸を見た後なので、そう感じるのかな?
あと、中国人が沢山居ました。大阪城でもレストランでも、どこでも中国語が聞こえてきます。大阪出身の子いわく「富裕層が買い物ツアーで来るんですよ」とのこと。大阪でこれだけ買い物客がいるってことは、東京なんかもっと凄いのだろうなぁ~。

数年ぶりの大阪城を見て満足のあと、まだ日は高いけど新大阪駅へ移動して新幹線にゲットオン。串カツもお好み焼きも楽しんだし、短くても良い滞在でした!思っていたより愛知から近いので、また来て違う所を見て回りたいです!

さぁカエデよ、次の目的地へと進むのだ!続く!
神戸散策の続きです!
旧居留地区の次は、北野異人館を見に行きました!
居留地区から駅の方へ戻り、坂道を登っていきます。風景を見て思ったのですが、ここは長崎の町によく似ています。そんなこと言ったら、坂の町は全て長崎じゃないかー、とつっこまれちゃいそうですが、坂に加えて洋風の建物が並んでいるところが、グラバー園を思い起こさせるのです。両方とも海外との交流地点だったから、共通点があっても不思議は無いのでしょうね。

スターバックス!
北野スタバ
管理が行き届かなくなっていた洋館を、スタバが借りたのだそうです。
スタバのイメージカラーの緑が建物の雰囲気にぴったりです!スタバ、いいセンスしてる!

小さな坂に、可愛らしい造りのお家。
かわいい窓
なんかスタジオジブリのアニメに出てきそう。

坂をぐーっと登っていって、目に入る大きな建物がこの「風見鶏の館」。
風見鳥の館
もう、いかにもーって感じの洋館ですね。

そして風見鶏の館の近くにあるのが「萌黄の館」。
萌黄の館
風見鶏と違った木造のこぢんまりとした佇まいが可愛らしいです。
天気がよければ手前のベンチに座って写真を撮ったでしょうが、この日は雨で断念…。

でもね、雨が降ってたのもまた良かったかも。
下り道
石畳が美しく見えるから。

私的には、大きな館が立ち並ぶメインの通りよりも、裏道の方が面白いと感じました。
路地裏
おぉー、長崎っぽい。猫がいそう。

この広場でイベントやったりするのかなぁ。
素敵な広場

風見鶏の館からまた外れた道を下ってあるのがこの「ラインの館」
ラインの館
この外観といい、日傘のように茂った紅葉の木といい、パーフェクトなバランスです…。
ここは無料で入れたので、中を見学させてもらいました。ぱっと見てすぐに連想したのが、鹿児島で見た異人館です。同じ洋風建築なのだから、似てるのは当たり前ですが…。

一階の部屋から庭をのぞむ。
ラインの館内側

ラインの館と道を挟んで反対側にある、北野美術館の入り口。
神戸北野美術館入り口
文句無しに絵になる造り。

こういう家に住んでみたい…とは思うが、メンテナンスは最高に大変だろうなぁ…。
おしゃれ玄関

いかんせん基本が貧乏ですので、全ての建物を見て回ることはできませんでしたが、この界隈は日常を離れて一息つきたい時にピッタリの場所だと思いました。一周しただけですけど、「またいつか来たい」と思わされました。

この日は宿がある大阪に帰って、串カツを食べて就寝!
明日は大阪だ!
さてさて、ゴールデンウィークに行ってきた場所の写真をお見せしたいと思います!
まずは…
神戸タワー
神戸!!
生まれて初めて神戸へ行きました!写真はメリケンパークの神戸タワー。巨大な和ろうそくみたい!

でもその前に少し待ってくれ、この写真を見てくれ。
甲南SA
愛知から大阪まで高速バスで行ったのだが、途中で止まったサービスエリアにあった看板がこれだ。
滋賀県だ。甲賀だ!忍者の里だ!!
高速道路で忍者の絵が描いてある「甲賀市」という看板を見ただけで、忍者好きの私は興奮しましたよ。
やべぇ、いるよ…忍者いるよ…滋賀県民様が見てる…。

さて話は戻って神戸。大阪から鈍行に乗って兵庫県の元町の駅で降ります。
神戸の道しるべ
こういう道しるべを見ると、知らない土地を歩いてるぜ感が上がって楽しくなります。

まずは神戸の中華街に行こうと、元町のアーケードに足を踏み入れたその途端!
もとずきんちゃん
なんか可愛いのきたーーーーー!!!
「もとずきんちゃん」というゆるキャラに遭遇してしまいました!
思わず「かわいいー!」とハイテンションになって写真を撮らせてもらうと、この可愛いポーズ。
やばいよ!あのゆるキャラ界の帝王ひこにゃんに追いつかんばかりの可愛さだよ!
何が可愛いって、このキャラ、頭の部分が風船のようにぽよんぽよんと跳ねるんです…!商品化を望みたくなるほどの癒されっぷり…。
ひこにゃんよ、敵は同じ関西にありだぞ…!

ほんで元町のアーケードを抜けて到着した神戸中華街こと南京町。
神戸中華街
おお、長崎の中華街より道の幅が広い!お客さん沢山いる!お店では店員さんが客引きをやっている!

中華街のお店
やっぱり中華街の基調は赤色よねー。

中華街のご飯
そしてこの店頭販売よねー。

長崎の中華街と大きく違うのは、この広場です。
中華街の広場
長崎は道の両側に飯店がずらっと並んでいて、お客さんは店内で食事を食べるタイプですが、ここ神戸では露店形式でご飯を買って、この広場で思い思いに食べるのがメインだそうです。このシステムはなかなかいいと思います。お客さんは色んなお店のご飯を少しずつ買い食いできるし、お店は回転がよくなるし。それに、買い食いだと結局沢山買っちゃうので、お店の実入りもいいしね!(笑)おまんじゅうみたいな手で掴んで食べられるもの以外にも、ラーメンまでテイクアウトで売っていました!

よっしゃこれで横浜の中華街に行けば、日本三大中華街をコンプリートだ!(キラーン☆)

コカコーラもチャイニーズでした。
パンダちゃんコカコーラ
パンダちゃんかわいい!

と、中華街を散策した次は、旧居留地区へ。
元は外国人の居留地だった場所で、今は洋風の素敵なビルが立ち並ぶ商業地です。
旧居留地看板
こういう看板がいたるところにあって、なんかもうこれだけでもオサレ感がハンパ無い。

そして綺麗に区画整備されたオサレな町並み。
おされ神戸1

明治・大正を思わせる雰囲気のあるビルが沢山あります。
おされ神戸2
中身は高級ブランド品の店舗。
足を踏み入れる気にもならねぇ、っていうかたぶん結界みたいな物が張ってあって、私みたいな見た目も財布の中身もそぐわない人間は弾き返されるに違いねぇ。

こういう素敵な建物が颯爽と立ち並んでおります。
おされ神戸3

ステキックス。
おされ神戸4
異界だわ…オサレ魔界だわ…。
いや違う、アレだ、私が好きなゲーム「葛葉ライドウ」の世界だ!やっぱり異界だ!

おされ神戸5
神戸の大震災の時にはここも被害にあったそうですが、とてもそんな歴史があったとは思わせない理路整然ぶりでした。やっぱり人間の力は凄いと思いました。東北の被災地だって、必ず綺麗になる!できる!

神戸のオサレっぷりは旧居留地だけでは終われません。
もちろん北野異人館街にも行ってきましたので、次に写真をお見せします!
うう、この休みもサイトの更新できなかった…。
土日は家事と情報収集で終わってしまうことが多いです。
これではいかんので、平日に作業をするように頑張ってみようか…。
とりあえず明日からGWの旅行で撮った写真を載せたい!頑張る!
2012.05.06 super moon
ゴールデンウィーク終了ですね~!
明日からまた仕事を頑張って、8月のお盆休みを楽しみに働くぞ!

なんじゃもんじゃと月

昨日の夜は「スーパームーン」という普段より14%大きく見える月だったそうです。
それを知らずに綺麗な月だなぁと撮ったのが上の一枚。手前の花はナンジャモンジャという花です。
お月様の美しさは捉えられなかったけど、代わりに花の遠近感が気に入った一枚です。
明るい月を見る度に、菅野よう子の「Moon」が頭の中に流れます。神々しいです。