FC2ブログ
2013.04.30 雨上がりの花
雨上がりの椿

雨上がりの公園で見つけた椿。たぶん椿。
おおげさだけど、この世にこんな美しい花があったのかと驚いてしまった。


コメントありがとうございます!

>suiさん
コメントありがとうございます!なかなか仕上げが終わらなくって申し訳ございません。続きを待っていてくださるなんて光栄です!頑張ります!

>豊川へ行ってきたんですか!いらっしゃい!~
おぉっと地元の方ですか!?これは嬉しい!禄に調べもしないで遊びに行って、目論見外した私を生暖かく笑ってやって下さいw
豊川稲荷は確かに面白い構造をしていますよね。上がった次には下がって、行って戻ってくぐって、以外な場所にお参りスポットがあったりして。そしてお寺だと知っている人の方が少ないのですか…お稲荷さんって神社ってイメージが強いですよね。何しろ鳥居があるんだもんなぁ。
狐塚はいわく付きの場所なんですか!?知らなかった!写真バシバシ撮ってた私、ヤバイ!?でもちゃんとお賽銭出してきたから大丈夫よね!?(ドキドキ)
スポンサーサイト



今日から連休だー!嬉しい!
でも今はとにかく…休みたい…(何があった)。

とまぁ疲労困憊で働いて旅行記の続きが1週間後になってしまいました。
豊川稲荷からの帰り道、「山中八幡宮」という看板が見えたので、気になって寄ってみました。
たんぼの中をてれてれ進んで行くと、意外にも立派な鳥居が…。
山中八幡宮鳥居

どうやらお社は山頂にあるようです。これまた立派な階段を上がっていきます。
山中八幡階段

そして出会うのがこの美しい門です。
山中八幡の門
もうこの時点で「宝物を発見した」気持ちです。

そしてまたお社が立派です!
山中八幡宮
田んぼの中の山の中にこんな立派な神社があるなんて…看板見つけてよかった!
境内には葵のご紋と稲穂のご紋が記された石の水桶がありましたので、徳川家関連だと解ります。なんと徳川家康が三河一向一揆の際に逃げ隠れた場所なのだとか。家康お手植えの竹もあり、季節になると美味しい筍が採れるそうです。

入ってきた山門を振り返る。
山中八幡の門裏側
私にしては珍しく地面と水平に綺麗に撮れた一枚。

この時期は新緑が美しくて、門の朱色とよく合います。
新緑と門

綺麗な神社を見れて満足した次は、岡崎城に行きました。

これが岡崎城。
岡崎城
徳川家康が生まれたお城です。と言っても、建物は新しいです。
なぜここに寄ったかと言うと、

岡崎城藤棚
藤の花を見るためです!ここにはとても大きな立派な藤棚があるのです!

五万石藤
五万石藤と呼ばれています。
ですが、花はもう終わりに入っていました…。近所の藤の花が咲いているのを見て、これを見に行かなければ!と思っていたのですが、やっぱり間に合わなかったか…。

藤
とても大きな藤です。満開じゃなかったのは残念ですが、辺りにとても良い香りが充満しており、春の楽しさは味わえました。

というわけで、天気の悪い先週末の小さな旅行のお話でした。
今日からの大型連休は!
…体力回復してから考えよ。
天気が悪かったけど、豊川稲荷へ行ってきました。

豊川稲荷入り口

今まで散々色々な神社仏閣を巡っておきながら、なんと今更になって「御朱印」を集めようと思い立ちました。
御朱印とは簡単に言えば寺社でもらえるサインと判子でして、ご利益があると同時に記念になるものです。その御朱印は「御朱印帳」に集めることができます。つまりまず御朱印帳を入手しなければならないわけで、どうせならデザインが可愛いのがいいな、と思い、愛知県内で可愛い御朱印帳を探したところ、豊川稲荷が和風美麗な帳面を売っていると解ったので、買いに行くことにしたのです!

というわけで、豊川稲荷。
豊川稲荷本殿
この写真でなんとなく解ると思いますが、豊川稲荷はお寺です。
本堂の前にはお線香を炊く甕があり、入り口には東京の浅草寺よろしく大きな赤い提燈が飾られています。
しかし、参道の入り口には鳥居が建てられております。
実はわたくし、豊川稲荷は神社だと思っていました!というか、稲荷系は全て神社だと勘違い…。でもこれじゃあ、勘違いしても仕方ない…ですよね?
昔の神仏習合の名残なのでしょうか…。

豊川稲荷の見所は、「きつね塚」です。
きつね塚への道
このように奉納された幟が連なる道を進んで行きます。

入り口です。
きつね塚入り口



きつね塚1
ズッギャーーーーン!!

きつね塚2
ドドドドドドドドドド

きつね塚3
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…


などと、ジョジョばりの擬音が聞こえてきそうな風景にたどり着きます。
これは全て個人や商店が願掛けに奉納した石像です。圧巻ですよね!素敵!
植物の緑が綺麗な季節ですので、晴れた日に見ればもっと爽やかな風景だったろうなぁ…。

さて、一通り見終わったらお目当ての御朱印をもらいに行きます。
御朱印所へ行き、御朱印帳を買うのですが、予想に反して帳面は一種類しかありません。

私「あの、和柄の可愛い御朱印帳は無いのですか?」
お坊様「ああ、それは東京で限定販売している物ですね」

オーマイブッダ…。

…何かを思い立った時は、ちゃんと調べてから行動しないといけませんね…。

でも折角ここまで来たんだし、購入することにしました。

私「これもご縁ですので」
お坊様「まさにご縁ですよ」
そう言ってお坊様はにっこり微笑んで、御朱印帳の表紙に記された豊川稲荷の御紋を指差しました。

これがその御朱印帳です。
豊川稲荷御朱印帖
右上が御紋です。私達が普段使うお金の五円玉と同じ稲穂の紋です。ご縁です。

そしてこれが御朱印。
豊川稲荷御朱印
でらかっけぇ(すごく格好良い)…。
私の中の中学二年生がわくわくする…。
読み方は「とよかわだきにてん」です。

お坊様は御朱印帳は神社仏閣に関係なく記帳してもらえると仰ってましたが、調べてみると豊川稲荷は仏教伝来なので神社によっては記帳していただけない所もあるようです…。

やっぱり、何かを思い立った時にはよく調べて(以下略

でも、自分でやっちまったことに文句言ってもしょうもない!
「神社専用の御朱印帳を入手する機会を得た」ということで、次のご縁へのつながりだと考えることにします!

参拝が終わったら、良い時間なので御飯にします。
豊川稲荷商店街
豊川稲荷の名物は、B級グルメとしても有名な稲荷寿司です。
もちろん門前町の商店街でいただけます。
右の看板にある「宝珠まんじゅう」も気になるのでゲットしちゃいましょう。

ようこそきつね
この手作り感がたまらん。

豊川稲荷のゆるキャラ「いなりん」です。
いなりん前面

いなりん背面
実はグロキャラです。
中身出てます。
高知の「カツオ人間」と良い勝負。

そしてこれが名物の稲荷寿司!
おいなりさんスペシャルミッ
手前の左から3つが五目いなり、右端がわさび菜(すごく美味しい!)、奥の左2つが新潟の油揚げを使ったスペシャルいなり、そして右の白いのがシメに食べる大根浅漬けのおいなりです。
もちろん、全て美味でした!!
他にも「味噌カツいなり」もありましたが、このセットには入っておらず。また今度だね!

それから宝珠まんじゅう。
宝珠まんじゅう
そのまんま、お稲荷さんにつき物の宝珠をあしらったおまんじゅうです。
お店でお茶と一緒にどうぞ!

とまぁ、色々失敗したり楽しんだりの豊川稲荷でした。
この後も帰り道沿いに神社や城に寄りましたので、それは次の記事で!
近所の八重桜が可愛いので、仕事帰りの夕方に見に行く。
夕方の八重桜
夕闇にフラッシュ焚いてるから魅力はイマイチ伝わらないけど、今年の八重桜は秋田犬のようにムクムクしていてもふもふしたくなります。

近所を歩いてみると、沢山の花が咲いていることに感動しました。

八重桜
三色すみれ
スノードロップ

牡丹
時計草
ハナミズキ

これはもう、週末は花を見にどこかへ行くしかない!
と思って天気を調べてみれば、土日両方とも雨だってさ。
もー。
もー!

ケヤキの若葉も綺麗です。この時期は花だけではなく葉っぱまでもが見頃なんですよね。
ケヤキの若葉
2013.04.13 ペン入れ
本編のほうはちびちび描き進めているのですが、最近ブログのほうで絵を載せてないのでイカンなぁと思っております。

130413.jpg
また何かおいたをしちゃったようです。

第6話を最後まで描いてからアップしたいと同時に、拍手画像も1つ加えたいし、外に遊びにも行きたい。
相変わらず欲だらけの日々です。
2013.04.06 とにかく花見
週末は日本列島大荒れ台風レベルとのことで、平日昼休みに会社の近くの桜並木を歩き、細かに花見を楽しみました。
そして今朝は曇っているものの雨は降っていないので、短い時間ですが強い風の中桜吹雪を楽しんでおきました。
ご近所はもう終わりだけど、山奥の方はまだ咲いてるのを期待しておくべ。奥三河や岐阜が狙い目。

ところで熊本のゆるキャラ「くまモン」の勢いがすごすぎる。
くまもんラーメン
一袋150円とお高いのだが買ってしまった。味は良し!熊本ラーメンの濃ゆさが出てる!
スーパーに行けば熊本県産の食物にはほぼ漏れなくくまモンのイラストが入ってますし、最近ではここ愛知でもくまモンの雑貨が普通に売られるようになりました。
九州を制圧し終わり、本州に上陸し始めたか…。今年の関連商品売り上げは、前年の11倍ですって!
個人的には好きなので、いけいけくまモン!

そして最近買った雑誌。
霊場をゆく
神道関係の本は沢山読んでるけど、山岳信仰系の事はあまり知らないなぁ…と思い購入。まぁ本当は風景写真の美しさに魅入られたんだけどね。

明日も天気悪いそうですね。
漫画描くべ。