FC2ブログ
2013.05.26 ドアラー!
ドアラロール
うざ可愛いw
トイレットペーパーまだ間に合ってたけど、思わず買っちゃいましたw
ブルーベリーというか、何やらフルーティーな香りがいい匂いです。
これがドアラの匂い…?(笑)

車を洗っている際に、指を窓の庇にぶつけて爪が割れて血がじんわり。
とりあえず自分には消毒をして絆創膏を貼るしかできない。
こういうドジを踏むたびに、自分は凡人だなぁと実感します。

そしてパソコンが重い!
インターネットで検索をしようとしたり、こうしてブログを書こうとして文字を打ち込んでいると、異常が発生したとかでページを更新されてしまうことが頻発!
パソコンの古さもあるだろうけど、IE9が問題なのかも…と考え、試しにアンインストール。
あれっ、ちょっと軽くなったかも…文字も普通に打てる!やったじゃん!私、考えればできるじゃん!
…と喜んだのですが、それもつかの間。
これを書いている最中にも異常発生で書いたもの全消しになりました。
あと、何かしら重いサイト(宣伝が多いサイト?)に入ると、処理しきれないようで止まります。そうなると強制終了です。
あーもうやっぱり新しいパソコンにすべきなのかなぁ…でも、Windows8とかお店で見せてもらったけど解り辛いよ…おまけに自分の持ってるフォトショップ使えるのかどうかも怪しいし…。

…凡人にパソコンは分不相応なようです…。
スポンサーサイト



2013.05.18 世界一の…
GW旅行記3回目!宮崎県!

霞神社を訪ねた次は、綾という場所にあるつり橋を見に行きました!
大つり橋遠景

なんと歩けるつり橋としては世界一だとか…!
歩くつり橋世界一
元々ここにあったつり橋で、最近改装されたそうです。
ということは、昔から地域の人々の交通用にされていたのか?と聞いてみれば、そうではなくて最初から観光用のものだったそうです(笑)。

それじゃ渡ってみるかね!
大つり橋

お、おぅ…結構高いじゃねぇか…。
高い

自然林の山が綺麗だ…。
うん、まぁ、いい風景だし、高さとかあんまり気にならないけど…。でも…。

揺れが怖い!!

ちょっ…揺れる!何これ揺れる!派手ではないけど微妙な不安感をあおる程度に揺れる!怖い!!(涙)
…というわけで、情けないけど中腹まで来た辺りで引き返す…。
が、スタートに戻った時点で考え直す。
折角ここまで来て渡らないのはもったいなくないか?
日本の建築技術は世界一だ。落ちるってことはまず無い。
それに、この橋を渡りきれば、この先の人生のあらゆる困難も渡りきれる気かもしれない…!
…やるよ!私やるよ!

というわけで、勇気を奮い起こして渡ることにしました。
大丈夫、小さな子供達だって平気の平左で渡ってるんだ!(ぶるぶる)

つり橋反対側
そして渡りきりました!
反対側がスタート地点です。やったよ!
私は世界一を制した女だ!
また同じ道を戻らないといけないけど!(汗)

この後はもう高速道路をひたすら走り抜けて、長崎へと帰りました。
今回も新しい場所を開拓できて楽しかった~。
そして宮崎に関して是非お勧めしたい物が一つ。
地鶏の炭火焼は食べて損は無しです!
お肉の柔らかさ、脂の旨味、適度な塩加減、そして少しの炭火の苦味…もう箸が止まりません。
是非お試し下さい!

新しいご当地Tシャツもゲットだよー。
薩摩隼人Tシャツ
宮崎ではTシャツ見つけられなかったよ…。
また次の機会を狙って行くべさ。
GWの旅行話の続きをば…。

宮崎と言えば神話と畜産の国ですが、今回、その二つの要素を備えた場所へと行ってきました。
高原町にある「霞神社」です。
この神社は牛や豚などの動物を守ってくれる神様がいらっしゃる神社です。
山のすそにいきなり立派な鳥居があり、そこをくぐってうっそうとした森の中を進むと、やっと駐車場に到着。

由来の書いてある看板のずっと遠くに、お社が見えます。
霞神社遠景
山の上に見える少し赤いラインのような部分がそれです。

神社のある山頂には岩座(いわくら。大きな岩のこと)があり、そこには白い蛇の神様が住んでいます。「霞」は修験道の縄張りを意味する言葉で、昔から修験者が修行の成功を白蛇様にお願いに来ていたそうです。この蛇は保護色のために肌の色を変えるため、岩座の白色に反応して白いのだそうです。
さて、今日は白蛇様にお目見えかなうかな?

さぁ参道を歩いて行くよ。
霞神社参道
今はこのように道が整備されていますが、昔はそれこそ修験者が渡るような険しい峰だったのかもしれません。

運搬用トロッコ
荷物を運ぶためのトロッコです。ちょっと乗ってみた…いや、やっぱり怖い。

入り口の門に到着です。
霞神社門
正面右にある赤い看板には、神社の説明が書いてあります。

祀られている神様は、オオナムチノミコト(大国主の別名ですね)、スクナビコナノミコト(薬の神様)、ウケモチノミコト(食物の神様)で、縁結び・畜産・商売繁盛のご利益があるそうです。

霞神社入り口
正面中央は香炉で、お線香が炊かれておりました。お寺みたい?
社務所には畜産の神様らしく、牛や豚をモチーフにした絵馬が置かれていました。

さて気になるのは見晴らし。高い山の上ですから、そりゃもう良いものでしょう…。
霞神社見晴らし
もちろん、絶景です!

古事記では神様が霧島連山に降臨した時、周囲を見回して「日のよく当たるこの地に国を興そう」と決めたそうですが、この風景や宮崎県内を走り回って見ると、この言葉は嘘ではないな、と実感しました。本当に生き物が栄える土地だと思う。
そして宮崎県内には、至る所に大きな木が生えています。何十何百年の木が普通に町中に立っているなんて、実はものすごいことなんじゃないでしょうか。

本殿でお祈りをしてまた進むと、白蛇様のいらっしゃる岩座に着きます。
白蛇のお堂
写真右上、男性二人に挟まれた岩が白蛇様のお住まいです。
なんと、この日は蛇様がいらっしゃるということで、拝見させていただきました!
岩の隙間を覗いてみると、確かに白い肌に黒い斑点を付けた小さな蛇がおりました。少しピンクがかって見えたのですが、これこそ先に述べた保護色の一部なのかもしれません。もちろん、写真を撮ることは許可されませんでした。
今後の幸運を祈らせてもらいました!

霞神社の道
展望台に続く道から。
こうやって見ると、テラス状になった部分がスリリングですね!

畜産の神様として地元の信仰を集める霞神社。天気の良い日に行くととっても楽しいと思われます!

そして宮崎ではもう一つ遊びに行った場所があるので、それはまた次回で!
今年のGWは愛知県でだらだらするつもりでしたが、母から「霧島温泉行かない?」って誘われたらそりゃもう行くしかないでしょう。
熊本ラーメンと薩摩揚げが私を待っている!

博多から長崎までの電車に乗ると解るのですが、GWは焼き物の町にとってお祭りの時期であります。
佐賀の有田焼がもちろん有名ですが、長崎の波佐見もしっかりお祭り中ですので、見に行きました。
波佐見焼き
波佐見・有田の辺りで典型な青い色絵のカップです。うっとりします。

こういう伝統的なもの以外にも、沢山の種類の製品があります。
カピタンカップ
この左のカップとか、長崎らしくていいですよね~。

急須の山
もうね、種類が豊富で目移りしちゃうんですよ。全部欲しくなっちゃうぐらい。眺めているだけで時間が過ぎていきます。

さて霧島ですが、今回も霧島神宮を訪ねました。
霧島神宮大鳥居
霧島神宮入り口の大鳥居です。

安納芋の焼きいもが売っていましたので、サービスのお茶と一緒にいただきます。
安納芋
安納芋は普通のさつま芋よりも糖分が高いお芋です。前から焼き芋を食べてみたいと思っていましたので、迷わず購入。情報どおりの濃い黄色にほくほく甘みが美味しかった~!

今回は「丸尾の滝」にも寄りました。
丸尾の滝
この滝には霧島温泉のお湯が含まれており、滝つぼが青く染まるのは温泉成分のためです。少し湯気も上がっているんですよ!天然の温水プールのようなものでしょうか?入ってみたい…。

それにしても、霧島温泉のホテルで食べた鰹のタタキが美味しすぎてはまってしまい、お腹がいっぱいでも食べつづけてしまいました…!やっぱり刺身関連は出来合いのものを買ってくるのではなく、自分で作るのが良いですね!あー、思い出すだけでまた食べたくなってきた…じゅるる。

そして宮崎県まで遊びに行きました!
ちょっとブログの調子も良くないようなので、続きは次回!