FC2ブログ
空気が暖かくなり、様々な花が咲き始めてきました!
そして待望の桜がついに花を開き…
…って時に限って強風まじりの大雨が降るんですよね、毎年…。
先に咲いた雪柳もばらばらと花びらが散っております。
この季節の天気がこういう仕組みになっているとはいえ、もったいない!
平日晴れたら仕事休んで遊びに行きたいぐらいだよ!

ということで、雨が降ってる間に絵の練習。
renshu.jpg

雨が止んだら散歩に行きました。

無残に散った木蓮の花。
散った木蓮

雨上がりの空と雪柳。
雨上がりの雪柳

落ちた桜を拾って飾ってみたり。
落ちた花
これを入れていたかばんの中が花粉まみれになりました(笑)。

夜も風が強いので、春になったなぁと実感します。
スポンサーサイト



ご無沙汰してます。
平日は仕事、休日は家事やったら眠くなる、で、なかなか更新できない日々が続いております。
寒いと余計動きたくないし、早く暖かくならないかしら…。
そんな中でも、気分転換に神社へ行ってきました。
国道1号線沿い、矢作(やはぎ)川のすぐ隣にある矢作神社です。
以前から不思議な場所にある神社として気になっていたのです。

大きな1号線にちょろっと繋がっている小さな道を行くと、小さな神社が出てきます。
矢作神社入り口

鳥居が地面より一段高くなっている、不思議な作りです。
矢作神社鳥居

神社全景。
矢作神社
高い木々があり、時代は古そうです。

ここのご祭神は素戔嗚尊(すさのをのみこと)ですが、日本武尊(やまとたける)とも縁が深いです。
境内にある日本武尊の像。
ヤマトタケル
彼が父親の景行天皇の命令で東の国を征伐に行く途中、この場所で素戔嗚尊をお祀りし、生えていた竹で矢を作ったことから、この場所は「矢作」との地名になりました。

そしてこれがその竹の跡。
矢の竹
これを日本武尊が手折ったかどうかはともかく、大昔からここに自生していた竹なのでしょうね。

ここの神社には可愛い住人がおりました。
矢作神社の猫1
随分と人に慣れているようで、自ら近寄ってきてくれます。

見てくださいこの肥えっぷり。
矢作神社の猫2
これは間違いなく地域の皆さんからご飯もらってますね(笑)。

もう一匹の猫も同じくぷくぷくでした。
矢作神社の猫3

小さな旅ですが、日本武尊の痕跡、つまり日本神話を現実に感じられる事ができて良かったです。
地名に歴史を発見できるなんて、浪漫がありますよね。


神社といえば…

>綾瀬さん
お祭りの情報、ありがとうございました!お返事遅くなってすみません!
HPを調べて、よっしゃ今年のGWは頑張って岐阜まで車で行こう、と決めたのですが、今年に限って休日出勤が入り…駄目になってしまいました…。
仕方が無いので、また20年待つことにします…。
いつもいつも、素敵な情報をありがとうございます!