FC2ブログ
たんぼのあぜ道が少しずつ青くなってきました。
日中は暑くなるくらいで、春になっているのを感じられます!

そんな中、シーズンが過ぎる前にと、長崎まで行って牡蠣を食べてきました!
ですが今回お見せしたいのは、牡蠣ではなくキリシタンの歴史に関する建造物です。

以前も一度紹介した大野教会です。
大野教会外観2016

最近、「長崎の教会群を世界遺産に」というキャンペーンが行われておりまして、この大野教会もその対象の一部です。
そのため、以前は見られなかった教会の内部が公開されておりますので、写真を撮ってきました!

大野教会窓
中に入ることはできませんが、窓が開いており、そこから見れます。

大野教会内部海から
海側から撮った内部の写真です。木造で右の方に祭壇が見えます。

大野教会内部山から
こちらは山側から撮った写真。綺麗ですね~。

そして大野教会以外にもう一つ、キリシタンの神社へ行ってきました。
「枯松神社」です。
潜伏キリシタン達が、明治時代に宣教師サン・ジワンを祀るために建てた神社だそうです。

枯松神社への道
こんな山道を通って行きます。

枯松神社への道2
えっちらおっちら登ってついに到着。

枯松神社
こちらが枯松神社。建物自体は十数年前に建て直されているので新しいです。

キリシタンのお墓
板の石をふせる、キリシタンの墓があるのが特徴的です。十字の石はまぁ最近置かれた物でしょうけど。

石に彫られた十字架
こちらは石に十字架が彫ってありますね。

枯松神社境内の墓石
そして墓石の上に十字架という物まで。

枯松神社の大木
見上げると、立派な木が葉を繁らせております。私は広葉樹の葉っぱの広がり具合が好きです。まるで人間の血管や脳のシナプスのようで、巨大な生命を見ている気持ちになります。
天気が良ければ、葉が青く透けて綺麗だったろうになぁ。そこだけ残念。

枯松神社で「何か良い事と縁がありますように」とふてぶてしいお願いをしたら、そのすぐ後に良い物と出会えました。
沢山の猫達です!

大島の猫1

大島の猫2

大島の猫3

大島の猫4

大島の猫5

大島の猫6

大島の猫7

大島の猫8
猫に寄るだけで逃げられる私にとっては、こんなに近くで写真を撮れるなんてすごい事!
全員顔が不機嫌なのは、私の事が嫌いなわけではなく、天気が悪くて寒かったから、だと思いたい…。
スポンサーサイト