FC2ブログ
2009.08.18 長崎話・続き
なんかお盆が過ぎると一気に夏だという意識が薄らいでいきますね…。
ここんとこ朝晩はとても涼しいし。

さて、長崎話の続きですが、今回の帰郷では新規の特別な場所へ行ってきました。

gunkan1.jpg
軍艦島。

正式な名前は「端島(はしま)」です。
江戸時代に石炭が発見されて以来、近代のエネルギー事情変遷まで炭鉱として確立していた立派な元・町です。
今は炭鉱の閉鎖と共に住民が去り、完全なる廃墟と化しています。
一部で有名なこの島、今年から上陸可能な観光地となりました。
というわけで、早速行ってきました!

gunkan_enter.jpg
島のエントランス、ドルフィン桟橋です。さぁ上陸~。

gunkan2.jpg
完璧なる廃墟です。まるで爆撃があった跡みたい…。

gunkan3.jpg
空はとても青くて澄んでいるのに、生命が感じられない風景。
この日はとても暑い日で、上陸後はもちろん日陰などは無いので観光客全員がアスファルトの上で蒸し焼きの状態でした。
それでも、天候によっては船で近づけても上陸が出来ないというパターンもあるらしいので、見物できた分だけラッキーだと思います。

gunkan4.jpg
元居住区です。
以前は人々が市場を開いたり、子供達が遊んだりと賑わっていたそうです。
本当はこういった空間の内部に入って、その朽ち具合を見るのが感慨深いのでしょうが、残念ながら見る事が出来るスペースは通路で整備されており、遠くから建物を眺めることしかできませんでした。
まぁ仕方ないよね、実際に廃墟に触れてしまうとその時点で人口の風景になってしまうんだから。

真っ青な空にコンクリートの廃墟という見慣れない風景は、まるで外国のようでした。
もし、今後観光ルートが拡大される事があったら、もう一度見に行きたいと思います。

話はもう少し続くよ!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://100hana.blog103.fc2.com/tb.php/286-abab433f