FC2ブログ
前回は「伏見稲荷から四条まで奈良線で行った」と書きましたが、正しくは「京阪線」でした。
駅で「京阪のる人、おけいはん(”おけいさん”という女性の名前)」という広告を見たのを思い出した。

青蓮院でお不動様を見た後、その京阪線の三条の駅から電車に乗り、終点の出町柳で降りて、下鴨神社へと行きました。
そう、ザ・世界遺産!下鴨神社です!
今回は行きの新幹線の中、どこへ行こうかと地図を見ていたら、「世界遺産」という言葉が飛び込んできたので、「よし!世界遺産を巡るか!」と決めたのです。

下鴨神社でっす。世界遺産なのよおほほほほ。
shimogamo.jpg

ここについた頃にはもう薄暗かったので、写真はあまり無いです…。
さて、ところでこれはなんでしょう?
ヒントは、日本に住んでれば必ず聞いた事のあるものです。
sazare.jpg

答えは「さざれ石」です。
そう、国歌の歌詞に出てくるあのさざれ石です。
小さな石が集まって大きな岩になったものを言うんですって。

下鴨神社の中には小さな社が幾つかありまして、それぞれに「干支」がふりわけてあります。
お祈りする人は自分の干支を祭った社でお願いをするようになっているんですね。
なかなか珍しいと思います。

本殿から少し外れた場所にあった、みたらし神社。
mitarashi.jpg

社の裏から流れる清流が、下から出てきています。
「みたらし団子」の語源なんですって。

暗くなったので、お寺巡りはこの辺でストップしてお宿へ直行ー。
調子にのって「出町柳から四条くらいまでなら歩けるんじゃね?」と思い、鴨川沿いを延々と歩き続けましたが、三条の辺りでギブアップして、電車に乗りました。
これなら最初から電車乗っとけば良かったぜ…。

次の日は同じく世界遺産の「仁和寺」と「竜安寺」、続いて世界遺産ではないですか「妙心寺」を巡りました。
この日は知人と合流したため、風景だけの写真がありません…すみません。
竜安寺の紅葉もとても素適でしたよ!!
妙心寺は幾つものお寺が集まった区画一体のことで、「寺」というよりは「町」のレベルの広さでした。


以上、この秋の京都小旅行のお話でございました。
次は同じく世界遺産の「平等院」に行きたいです!
読んでくださった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://100hana.blog103.fc2.com/tb.php/328-289054f1