FC2ブログ
一通り漫画を描いたら散歩に行って花の写真を撮ろうと思ってたら、曇って雨まで降ってきた…。
日曜日午後の天気が悪いと沈むわぁ。

気を取り直して、大和ミュージアムの話!
大和ミュージアム
てつのくじら館と道を挟んですぐ隣です。

中に入ると…戦艦大和がお目見え!
大和1

上からの姿。
大和2

戦艦大和は呉の海軍工場で昭和12年から作られ、15年に任務開始。以後、様々な戦歴を経て、昭和20年4月に四百機近くの米軍戦闘機と戦い、3000人の命と共に沈没…。

3000人…。

その重さもさることながら、あの時代に3000人を乗せて闘える鉄の船があったという事実に驚愕…。

今や全てをコンパクト化する時代、途方も無い大きさ…。

もしかして、皮肉にも戦争が人間の技術を高める機会になったのかなぁ…。

大和以外にも、戦争に関する展示品があります。
ゼロ戦
ゼロ戦です。見たことは無くても名前は知ってる人も多いのでは。

こちらは戦艦の模型。
戦艦模型
こういうのが沢山あるので、模型が好きな人もお勧めかも。

その模型の一部分。
戦艦模型2
このように、戦闘機を飛ばすための滑走路があるのですね。
飛行機が載っちゃう船!やっぱり想像もつかない大きさ!

ミュージアム3階は、子供達が船の仕組みや水の力学を学べるコーナーになっています。
3階

窓から見える、呉の海。
呉の海
これまたでっかい貨物船が留まっていました。

折角来たのだから、何か記念品が欲しいなぁと思い、お土産コーナーでもみじに戦艦の影が描かれたピンバッジを買いました。後でよく調べたら、掃海船の「ぶんご」をモチーフにしたものでした。もみじも掃海船も好きだから大当たりだ!
他にも「大和サブレー」というお菓子を買いました。店頭のサンプルよりも、でかくて厚くて固くて、見事に戦艦大和らしさを現していました。美味しくて良かったです!
呉冷麺はどこのお店が美味しいか解らなかったので、てつのくじら館の隣にある大型スーパーで「呉麺屋(ごめんや)」の冷麺を買って帰り、お土産にしました。冷やし中華とはまた違い、麺は平打ちでつゆがトロリとしていて、ちょっとピリカラの美味しさです。

ミーハーな気持ちで行った呉で、今まで全く知らなかった世界を知れて、とても良い旅になりました。
まだまだ探索したいぞ、広島!

読んでくださって、ありがとうございました!


話変わって。
とーかいさんの本編、第三話の最後までペン入れが終わりました!
あとは仕上げをして、できれば全部まとめて上げたいと思います!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://100hana.blog103.fc2.com/tb.php/467-aa0dd247