FC2ブログ
ごぶさたしてます!
最近ちょっと色々あって忙しかったのですが、花見だけはしっかり行ってきました!桜を見なければ、私の中の何かが壊れてしまう…!

というわけで、久々の旅行紀です!
今回は岐阜の大垣と墨俣(すのまた)でお花見してきました!

大垣駅を降りて少し歩けば大垣城の登場!
大垣城
関が原の決戦の際には東軍と西軍の間で攻防が続いた主要の城でした。国宝にも指定されていたのですが、昭和20年7月末に焼失…あと数週間で終戦だったのに、非常~にもったいない!現在の天守閣は昭和34年に再現され、またここ2年の間に修築されたものです。なので新しいです。一緒に写っているお侍は初代城主の戸田氏です。

天守閣からの眺め。桜の広場が見えます。
大垣城天守閣から

新しい公園なので、桜もまだ若いです。
大垣城桜

桜のじゅうたん。
大垣城桜の吹き溜まり

さて、大垣と言えば綺麗な湧き水が名物の「水の街」です。なので、街のいたる所に湧水地があります。これはその内の一つ、いこ井の泉です。
いこ井の泉全景
街の大通りの一角にちょこんとあり、近所の方々が飲料水として汲みにきています。

水に困らないって、すごく助かるよね!
いこ井の泉

傍にはまた湧き水を利用した坪庭的小川が。魚が泳いでいました。
いこ井湧水

さて、大垣城で桜を見たので、次の墨俣に移動しようと思ったのですが、その前にお土産を見ようと観光情報センターへ。すると、係員の方が「桜を見るなら『芭蕉結びの地』に行ってほしいです!」とお勧めしてくださったので、予定を変更して行ってみることに。水門川という川沿いに南下していくのですが、この川にも延々と桜が植わっていて、これだけでもとても良い散歩に!
水門川

川の分岐点に小さな橋が。すごく雰囲気がいい!
水門川みどりばし
最近は実際の街をモデルにしたアニメが流行っていると聞きましたが、大垣はいいモデルになると思います!

そして川を下りきって着いたここが『芭蕉結びの地』です。
下船場
本当に美しい!この写真ではその良さを少ししか伝えられなくて残念…この風景はテレビCMにも出てくる絶景ポイントです。他のお客さん達もとても嬉しそうに写真を撮っていました。

さて、ここには松尾芭蕉の像があります。
芭蕉と桜
ちゃんと芭蕉が花や木を愛でているように見えるように設置されています。
なぜここが芭蕉に縁があるかというと、あの有名な「奥の細道」の旅をここ大垣で終えたからだそうです。
ここから郷里の伊賀へ帰ったのかなぁ。

お昼を食べたり桜吹雪に見入ったり、ここで暫くのんびりしてから、また川を上って八幡神社へ。ここにも湧水地があり、水がこんこんと湧き出ていました。
大垣の湧水

水門川沿いの道です。美しか…まうごつ和むばい…。
水門川桜並木

そして水の街大垣の名物は「水まんじゅう」です。
和菓子屋さんの前ではこんな風景がよく見られます。
水まんじゅう
屑きりの中にこしあんを入れたぷるぷるのおまんじゅうを、大垣の綺麗な水で冷やしてさぁ召し上がれ!もちろん、今回の旅行のお土産として買っちゃいました!

次は大垣駅に戻ってからバスに乗り墨俣へ。
墨俣の写真はまた明日お見せします!続く!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://100hana.blog103.fc2.com/tb.php/677-4a4c0d2e